福岡東店ショールーム

脱衣所拡張・浴室縮小工事・・・その時窓はどうなる?

こんにちは☆

ニッカホーム福岡・東ショールームの篠原です。

汗の書きにくい冬は浴室工事が人気です。

 

今回タイル張りのお風呂をユニットバスにし、脱衣所拡張する工事を行いました。

お客様に掲載の許可をいただきましたので、書かせていただいております。

 

既存のお風呂は浴槽幅1600mm、対角幅2400mm(1624)からTOTO様の「サザナ」1620サイズでご提案しました。

まずはこちら

20181216114628.JPG

右が浴室・左が脱衣所です。

・・・脱衣所を伸ばすと・・・

窓が当たります。

中はこちら

20181216114817.JPG

横幅いっぱいに窓あります。

こんな時は

20181216114919.JPG

「YKKap」様の「マドリモ」です。

カバー工法(既存の窓枠を残して、枠に新しい枠を取り付ける窓取替工事)にて、外壁を触らずに窓工事行いました。

窓工事は1日で終わりました。

新しい窓の左側には「FIX」という開け閉めできないパネルが入ってます。

 

因みに、この後格子を取り付けました。

では中はどうなったのか?

20181216115414.JPG

小さくなりました。

*このFIXは左右は可能ですが、上下は出来ません*

ナチュラルに仕上がってます。

 

20181216115558.JPG

こうだった脱衣所が

20181216115638.JPG

伸びてます!

そうです!

FIX部分は壁になったのです。

中から見るとわかりません

1624から1620へお風呂が小さくなりましたが、解体と壁の厚さを計算し

500mmの拡張出来ました。

 

この後、内窓と格子も取り付けます。

拡張しなくとも

せっかくなら、取り替えてみませんか?


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ